キュウリ用隔離ベット栽培システムの安定化

キュウリ用隔離ベット栽培システムの安定化

県名東京都
研究機関名東京都
課題種別試験研究課題
研究期間完H26-27
年度2015
概要キュウリのドリン対策として、土壌を必要としない隔離ベッド栽培システムの開発を行ってきた。本システムは安価で環境負荷の少ないヤシ殻培地を利用するが、培地1作目にカルシウム欠乏症が発生すること、高温期につる割病菌が繁殖しやすいこと、銘柄により品質が異なること、などの問題点が明らかになってきた。カルシウム欠乏症は培地の連用やカルシウム資材の投入、つる割病は接ぎ木の利用で軽減できるが、肥料の種類、品種、その他栽培条件によって結果が異なり、安定的に回避できる状況に至っていない。、そこで、キュウリの隔離ベッド栽培の安定化のため、ヤシ殻の銘柄や栽培条件に関わらずカルシウム欠乏症やつる割病を安定的に回避できる方法を開発する。、
研究分担園芸技術科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229505
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat