施灸による繁殖改善技術の開発

施灸による繁殖改善技術の開発

県名東京都
研究機関名東京都
課題種別試験研究課題
研究期間継H26-28
年度2015
概要酪農・肉用牛生産現場では、繁殖障害の増加が問題となっている。特に分娩間隔の長期化は、搾乳量の低下と子牛生産を阻害することで経営上大きな負担となっている。施灸による分娩間隔短縮について、科学的知見に基づく生産者が利用できる技術として確立・普及し、酪農・肉牛生産者の経営安定化及び食の安全確保を図る。、
研究分担畜産技術科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229522
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat