誰にでも取り組みやすい有機栽培技術の開発

誰にでも取り組みやすい有機栽培技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~27
年度2015
概要目的:水稲有機栽培では特に初期生育が緩慢になりやすく、茎数・穂数不足による減収リスクが大きいため、改善方法を検討する。、成果:育苗技術・移植方法・水管理等を見直すことで、雑草管理とともに穂数不足のリスクを解消し、収量が高位安定化した。
研究分担佐渡農技園研セ、食研セ
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229740
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat