機械除草技術を中核とした水稲 有機栽培システムの確立と実用化

機械除草技術を中核とした水稲 有機栽培システムの確立と実用化

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要目的:圃場規模や土壌条件、経営状況等に応じて除草機械を選択できるようにするため、3種類の除草機械を改良・製品化し、これを中核として生産者が容易に実践できる有機栽培システムを構築する。、成果:水稲有機栽培の初期導入技術として人力牽引型チェーン除草機を完成させ詳細な作製方法を公開するとともに農機具店を通じて市販化。
研究分担農研機構、島根県、福島県、岐阜県、農工大、みのる産業(株)
予算区分国庫補助(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229746
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat