積雪地域でのバイオ燃料生産を目指したオイル産生微細藻類の特性解明

積雪地域でのバイオ燃料生産を目指したオイル産生微細藻類の特性解明

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H27
年度2015
概要目的:①県内由来オイル産生微細藻類の遺伝学的分類・同定、②藻類の増殖性やオイル生産性の温度および塩分依存性の解明、成果:本株は18SrRNA遺伝子配列に基づく分子系統解析によりBotryococcus brauniiに同定された。また、培養温度は25℃以上が適しており、20℃以下では増殖が抑制される。塩分濃度は海水20%以上で増殖が抑制され、15%以下では増殖に影響しない。
予算区分受託、(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229751
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat