地域特産にんじんの定着・拡大に向けた安定生産技術の開発、雪下栽培ニンジンの雪腐菌核病対策技術の開発、雪腐菌核病菌の分類・同定

地域特産にんじんの定着・拡大に向けた安定生産技術の開発、雪下栽培ニンジンの雪腐菌核病対策技術の開発、雪腐菌核病菌の分類・同定

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2015
概要目的:雪下にんじんの産地において、雪腐菌核病の発生が問題となっている。本病は低温下で発病する土壌病害である。既報の病原については分類の混乱や標準菌株が保存されていない現状がある。また、新たにティフラ属菌によるニンジン雪腐病が報告された。一方で、県内で発生する雪腐菌核病の病原については明らかにされておらず、防除対策を講じるうえで病原を同定し、発生生態を明らかにする必要がある。そこで、本研究では収穫時の罹病ニンジンを採取し、病原の分離・同定を行う。、成果:雪下にんじん栽培において発生したにんじん根の雪腐れ症状から病原菌を分離し、その病原を同定した結果、Sclerotinia属菌によることが明らかとなった。
研究分担高冷農技、園研セ
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229753
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat