「ル レクチエ」ブランドの強化拡大に向けた安定生産技術の開発

「ル レクチエ」ブランドの強化拡大に向けた安定生産技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~ 29
年度2015
概要目的:①病害伝染環を徹底的に絶ち、農家が取り組みやすい防除技術の開発、②稲作農家などの新規栽培者や後継者が取り組みやすく、短期間で成園化でき、大規模栽培の可能な「ジョイント栽培」の「ル レクチエ」への適応、得られた成果:①管理機械による落葉の収集効率と無機銅剤の防除効果を確認した。少発生園地の防除事例を収集した。②ジョイント栽培用苗木の養成では15リットルポットで概ね目標の苗長となった。
研究分担育種栽培科、環境・施設科
予算区分県単、
業績(1)セイヨウナシ褐色斑点病の防除の問題点とその改善点について
(2)Alternaria alternata apple pathotype(A.mali)causes black spot of European pear.
(3)QoI剤耐性セイヨウナシ黒斑病菌の果実発病に対する各種殺菌剤の効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229827
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat