各種有機物の特徴を生かした田畑輪換土壌の修復

各種有機物の特徴を生かした田畑輪換土壌の修復

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所畜産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~31
年度2015
概要目的:有機物による土壌修復効果を化学分析値で評価できるように指標化する。さらに、効果が特徴的な有機物を大豆栽培等の田畑輪換により劣化したほ場に施用し修復効果を検証する、成果:デタージェント分析値を指標として各有機物中の難分解性有機物の特徴を明らかにした。また、有機物の全窒素含量とCECがそれぞれ土壌有機態窒素増加とCEC増加の指標となることを示唆した。ポット試験では、鶏ふん堆肥やバーク堆肥で収量が多く、モミガラでは無施用より少なかった。、
研究分担基盤研究部、作物研究センター、畜産研究センター
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229852
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat