野生きのこの機能性解明と生産技術の開発

野生きのこの機能性解明と生産技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26-28
年度2015
概要目的:食品の中できのこ類が特異的に含有量が多い機能性成分を特に多く含む野生菌株を選抜し、高付加価値を有する製品を開発することで、新たな需要を開拓する。、成果等:アラゲキクラゲ4菌株、キクラゲ3菌株を新たに分離した。アラゲキクラゲとキクラゲの現在の保有菌株は、それぞれ9菌株と6菌株となり、これら菌株の栽培試験を実施した。また、アラゲキクラゲ3菌株とキクラゲ3菌株の菌床栽培で得られた子実体のビタミンDの含有量を測定した。
研究分担きのこ・特産課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229942
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat