ブナ科樹種の種子生産力の予測と地域性苗の安定供給技術の開発

ブナ科樹種の種子生産力の予測と地域性苗の安定供給技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H25-29
年度2015
概要目的:日本の温帯天然林の主要な樹木であるブナ科の樹種の結実情報を把握し、野生動物の保護管理および種苗供給の安定化に資する。、成果等:①当所構内のコナラ林において、リタ-トラップ法による雄花・結実量の計測および開花量の評価法の検討を実施した。②ブナ指定母樹林7林分において、リタ-トラップ法により結実量を観測した。③十日町市中里の苗木生産者のブナ実生苗を対象として、寒冷紗による被陰処理および根揚げ処理による成長抑制の影響を調査した。
研究分担森林・林業技術課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229947
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat