環境保全技術対策試験

環境保全技術対策試験

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~H29
年度2015
概要○土壌のリン酸、カリ成分の適正管理技術の開発、 県の指針で示した基肥加里施用量7kg/10aでは、跡地土壌の交換性加里は減少することが明らかとなった。また、前年跡地土壌の交換性加里が低いほど当年作付の茎葉窒素吸収量当り穂重が小さく、生産効率が悪いことが明らかとなった。                                                                            ○水稲の栄養管理技術の検証と改良                                                       、 恒常的に生育量が不足し、穂揃期の葉色が淡いほ場においては、現行の全量基肥肥料の増施が茎数・穂数および穂揃期葉色の確保に繋がり、収量・品質の向上に効果的であることが明らかとなった。
研究分担土壌・環境保全課
予算区分県単、
業績(1) 雄性不稔遺伝子を保有する富山県選抜スギさし木品種「座主坊」の特徴
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229975
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat