新規に製造する土壌改良資材の配合原料の探索

新規に製造する土壌改良資材の配合原料の探索

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~H27
年度2015
概要 土壌中のケイ酸濃度の低いほ場では、ケイ酸質資材を単年度施用しても茎葉ケイ酸濃度に効果が現れなかったが、2年連用すると茎葉ケイ酸濃度が対照区に比べ2%高くなった。また、ケイ酸吸収量が高くなると玄米整粒歩合も高くなった。
研究分担土壌・環境保全課
予算区分受託(全農)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229978
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat