種豚選抜に有効な経済形質マーカーの検討

種豚選抜に有効な経済形質マーカーの検討

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要目的:経済形質関連マーカーを用いて閉鎖群育種過程において選抜された種雌豚の第0世代(基礎豚)から第6世代(始祖豚)への遺伝的変化を調査し、遺伝子多型と形質の関連について調査する。、結果:「タテヤマヨークⅡ」においては、エストロゲン受容体遺伝子のPvuⅡ切断多型が総産子数と関連することがわかり、系統造成で遺伝子が固定されていく過程を確認できた。しかし、この多型は、一般に報告されている多型とは反対の結果となった。
研究分担養豚課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230023
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat