肉用肥育牛向け大麦わらサイレージ給与技術の確立、(2)自走式ロールベーラを使用した大麦・大豆二毛作体系における大麦わらの回収効率と発酵品質調査

肉用肥育牛向け大麦わらサイレージ給与技術の確立、(2)自走式ロールベーラを使用した大麦・大豆二毛作体系における大麦わらの回収効率と発酵品質調査

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~28
年度2015
概要目的:自走式ロールベーラ-による効率的な大麦わらの収穫体系とその発酵品質を調査する。、結果:自走式ロールベーラーを用いて大麦わらを回収したところ、切断されたわらでは回収ロスやロール放出時のロスが多かった。梱包密度は、長わらと比較して切断わらの方が高くなった。4ヶ月貯蔵後の発酵品質は、両区とも良好で切断長による差は認められない。
研究分担飼料環境課
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230028
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat