酪農経営における後継雌牛の効率的確保技術体系の確立、(2)庭先融解可能な性判別保存法による胚生存率の検討

酪農経営における後継雌牛の効率的確保技術体系の確立、(2)庭先融解可能な性判別保存法による胚生存率の検討

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2015
概要目的:本年度は、移植する生体胚の確保と移植前の予備試験としてストロー内直接融解法の融解後の胚の生存性調査を実施する。、結果:乳牛採卵により本試験の移植に用いる乳牛の雌の受精卵を10個確保できた。また、クライオトップによるガラス化保存卵のストロー内直接融解法では胚の紛失が認められないことや融解後の胚の生存性に問題がないことが確認された。
研究分担酪農肉牛課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230034
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat