県内産農産物等の抗酸化力評価

県内産農産物等の抗酸化力評価

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間終H24~27
年度2015
概要納豆、きな粉、そば粉、梅、ふじまめ、有色米(赤むすび)、いなきび、ゆず、黒大豆を採取し、これらのポリフェノール及水溶性成分の抗酸化力の指標であるびH-ORACを分析した。その結果、納豆、きな粉、そば粉、梅、ゆず果皮、黒大豆のH-ORACは、約42~86μmolTE/gと比較的高い値だった。ポリフェノールについても同様の傾向が見られた。また、これまでの結果から比較的高い抗酸化力を示した赤むすび、黒大豆、そば粉、ふじまめ、ゆず、梅を5℃または20℃で保存した場合(ふじまめは5℃保存のみ)の抗酸化力の評価を行った。その結果、黒大豆、そば粉、ふじまめ、ゆず、梅では、保存中の抗酸化力に変動があまり見られず安定していた。一方、赤むすびは5℃、20℃保存のいずれも、保存期間が長くなるに従い、抗酸化力が若干減少する傾向にあった。、
研究分担食品加工課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230043
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat