みどりの森再生事業モニタリング調査

みどりの森再生事業モニタリング調査

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24-28
年度2015
概要・侵入竹林:稈の直径は10㎝~12.5㎝が中心で、1haあたりの稈数は概ね5,000本~10,000本前後であったが、25,000本/haを超える超過密竹林もあった。、・過密人工林・風雪被害林(天然更新):過密人工林整理が行われた事業地5か所には2m以上の高木性広葉樹は発生していなかった。一方、風雪被害林整理が行われた事業地では、1か所を除いて高木性広葉樹が発生し、高木種の樹高および胸高直径は低木の樹高を概ね上回っていた。、・過密人工林(広葉樹植栽):植栽木の樹幹長は、クリが他の3樹種と比較し有意に大きかった。また、小面積の伐採が行われた本事業地では、各樹種とも成長が思わしくない。光強度や積雪環境など、植栽された広葉樹が生育するには厳しい条件にあると考えられた。、
研究分担森林環境課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230074
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat