CLT長期挙動データの収集・解析

CLT長期挙動データの収集・解析

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H27
年度2015
概要CLTはひき板(ラミナ)を直交積層接着した新しい板材料であり、現在政府をあげて迅速な技術開発が進められている。CLTを床システムとして利用する場合、長さ方向と直交する層の挙動(ローリングシア)が構造性能に大きく影響するため、その解明が急務となっている。この問題を検討するため、CLTを構成するラミナの各方向の弾性係数を推定するための非破壊測定技術を検証し、その知見を利用して、ローリングシアにおける層のせん断性能とラミナの弾性係数の関係を検討した。また、このような強度特性からCLTとしての構造性能を推定するため、精緻な応力解析方法を検討した。
研究分担木質構造課
予算区分受託 ((国研)森林総合研究所)
業績(1)CLTによる構造の設計法検討のための実大震動台実験 その8 試験体Aの破壊性状(動画+各加振の全体荷重変形関係)
(2)CLTによる構造の設計法検討のための実大震動台実験 その9 試験体Bの全体挙動
(3)CLTによる構造の設計法検討のための実大震動台実験 その11 試験体Bの各部の損傷
(4)CLTによる構造の設計法検討のための実大震動台実験 その12 画像計測
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230086
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat