県民と先端技術で作る、ふくいオリジナルキクの開発(マイクロマム)

県民と先端技術で作る、ふくいオリジナルキクの開発(マイクロマム)

県名福井県
研究機関名福井県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~28
年度2015
概要目的:お盆・彼岸に計画出荷しやすいオリジナルキク、花色・花型・香り等に特色のあるオリジナルキクの作出と、害虫・病気に強いオリジナルキクの実用化に向けた完全不稔化技術の確立、成果(H27):①交雑育種で得られた雑種系統より、小ギクタイプではお盆咲の赤・黄・白各10系統、輪ギクタイプではお盆咲の57系統、スプレーギクタイプでは秋咲の10系統、ポプリタイプでは香りの強い系統20系統を選抜した。②不稔化を目的としたゲノム編集育種では、人工ヌクレアーゼを導入した再分化植物体100個体中63個体で標的配列内の塩基置換や欠失が確認された
研究分担園研C・花き研究G
予算区分国庫補助(文科省)
業績(1)Transgenic Chrysanthemums (Chrysanthemum morifolium Ramat.) carrying both insect and disease resistance.
(2)Transgenic Chrysanthemums (Chrysanthemum morifolium Ramat.) carrying both insect and disease resistance.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230351
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat