水田を活用した省力果樹生産技術の開発(モモ・スモモ)

水田を活用した省力果樹生産技術の開発(モモ・スモモ)

県名福井県
研究機関名福井県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2015
概要目的:モモ・スモモを対象に、ポット栽培技術、平棚栽培技術、ウメ花粉を利用したスモモ受粉技術を確立、成果(H27):①3年生樹では速効性肥料で行う慣行施肥よりも、肥効調節型肥料の方が新梢伸長に有効であった。2年生樹においては、1週間間隔で速効性肥料を施用するのが新梢の伸長に有効であった。②花粉採取にかかる労働分散のため、ウメ‘福太夫’によるスモモ受粉を行ったところ、スモモ‘ハリウッド’と差がなかった。、
研究分担園研C・ウメ・果樹研究G
予算区分国庫補助(文科省)
業績(1)ウメ‘紅サシ’‘新平太夫’‘福太夫’の発芽率とスモモ結実に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230353
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat