4 野菜の作期拡大技術の確立、2.高冷地における冬季のアスパラガス伏せ込み栽培技術の確立、(2) 前年夏季播種における定植期とセルトレイサイズによる品質・収量への影響

4 野菜の作期拡大技術の確立、2.高冷地における冬季のアスパラガス伏せ込み栽培技術の確立、(2) 前年夏季播種における定植期とセルトレイサイズによる品質・収量への影響

県名山梨県
研究機関名山梨県総合農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H26~28
年度2015
概要 夏季の播種では、定植期によらず50穴セルトレイを用いて育苗することで、慣行に比べ増収した。128穴セルトレイでの育苗では同程度、200穴セルトレイでは減収した。、また、50穴セルトレイでの育苗は、単価の高い出荷規格L・LL級の収量が多く、有利販売が期待できる。
研究分担高冷地野菜作物科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230419
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat