12 県産小麦「ゆめかおり」の栽培技術の確立と利用に関する研究、1.「ゆめかおり」の安定的な栽培技術の確立、(2)追肥施用時期試験および生育指標値の作成

12 県産小麦「ゆめかおり」の栽培技術の確立と利用に関する研究、1.「ゆめかおり」の安定的な栽培技術の確立、(2)追肥施用時期試験および生育指標値の作成

県名山梨県
研究機関名山梨県総合農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間作物特作科、環境保全・鳥獣害対策科、
年度2015
概要 茎立期約2週間後の追肥では穂数の減少や遅穂の多発により、収量・品質が低下した。茎立期の茎数および葉色を用いることで収量や倒伏程度が、出穂期の葉色を用いることで子実タンパク質含有率が推定できるものと考えられた。
研究分担H26~29
予算区分県単
業績(1)基肥と追肥の施用量の違いが硬質小麦「ゆめかおり」の生育に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230469
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat