環境変動に対応したブドウの着色向上技術の開発、1 着色向上技術の体系化、(2)現地優良系統の比較試験

環境変動に対応したブドウの着色向上技術の開発、1 着色向上技術の体系化、(2)現地優良系統の比較試験

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~H28
年度2015
概要 導入系統はウイルス感染が認められていたが、茎頂培養により本年度フリー系統が得られた。今後、既存系統との着色性の比較を行う予定である。なお、現地で栽培されている「ピオーネ」導入系統について果実品質を調査したところ、本年も着色は優れていたが、大房生産を避ける管理が徹底されていたことも良着色の一因と考えられた。
研究分担生食ブドウ栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230494
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat