醸造用ブドウの高品質化に 向けた栽培技術の確立、1 台木の種類の検討、(3)白色シートの敷設幅が赤ワイン用ブドウの果実品質に与える影響

醸造用ブドウの高品質化に 向けた栽培技術の確立、1 台木の種類の検討、(3)白色シートの敷設幅が赤ワイン用ブドウの果実品質に与える影響

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H20~H27
年度2015
概要白色シートのマルチ処理により、昨年同様、「メルロ」「カベルネ・ソーヴィニヨン」で糖度の上昇および酸含量の低下が早まり、熟期が早くなる傾向がみられた。その効果は100cm幅の方が50cm幅より高かった。
研究分担醸造ブドウ栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230506
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat