省力・環境負荷低減型防除技術の開発、1 省力的な薬剤処理技術の確立、(2)殺虫剤の果房浸漬による害虫防除

省力・環境負荷低減型防除技術の開発、1 省力的な薬剤処理技術の確立、(2)殺虫剤の果房浸漬による害虫防除

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22~H28
年度2015
概要 ディアナSCの袋かけ前果房浸漬は、収穫期のチャノキイロアザミウマの被害において、袋かけ前日数3,7,10,15日の区間で比較した。袋かけ前15日区では被害が見られたが軽微であった。袋かけ3、7、10日前区では高い防除効果が認められた。3,7日前袋かけ区では果粒が肥大しており溶脱がみられた。
研究分担病害虫科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230536
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat