Ⅲ 畜産物の新規需要創出技術の確立、2 ペレニアルライグラス新品種を活用した放牧牛乳生産技術の確立

Ⅲ 畜産物の新規需要創出技術の確立、2 ペレニアルライグラス新品種を活用した放牧牛乳生産技術の確立

県名山梨県
研究機関名山梨県酪農試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23~30
年度2015
概要放牧地面積が20a/搾乳牛1頭でも、5月~8月までの放牧生乳、乳製品とも、舎飼と比べてβ-カロテン含量、CLA含量が増加した、また、放牧乳製品のアンケート調査の結果、総合評価で「良い」以上は80%を示し、消費者に対し受容性が高いと判断された。
研究分担草地環境科
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)搾乳牛の小面積時間制限放牧による牛乳・乳製品の機能性成分含量
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230593
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat