県産スギ厚板を利用した実用性に優れた矧ぎ合せ材料の製造

県産スギ厚板を利用した実用性に優れた矧ぎ合せ材料の製造

県名山梨県
研究機関名山梨県森林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2015
概要 材価の低迷によりスギの長伐期化が進行し、径の大きい中目丸太の蓄積量が増えていることから、スギ中目丸太の利用方法の充実を図ることが必要となっている。そこで、厚さ30mm程度の厚板を用いて、新しい発想の矧ぎ合せ材料を製造するための技術開発を行い、内装用の羽目板や家具(ベットのヘッドボード)、外壁等へ利用できるような本県独自の木材製品を開発する。、
研究分担木材加工科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230627
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat