日本各地でのシカによる植生への影響度を決定する要因の解明

日本各地でのシカによる植生への影響度を決定する要因の解明

県名山梨県
研究機関名山梨県森林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2015
概要 北海道、千葉県、山梨県、京都府において、5kmメッシュ単位でのニホンジカ密度を推定する。また、各道府県において同一の手法で植生調査を行い、全国で適用可能なニホンジカによる植生への影響度を評価する手法を開発する。さらに、ニホンジカ密度と植生への影響度の関係に、シカの体重や積雪深などの環境条件が与える影響を明らかにする。、
研究分担森林保護科
予算区分国補、(文部科学省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230634
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat