高性能農業機械による高冷地における飼料用稲を含めた水稲-小麦-大豆-そば高能率水田輪作体系                    3)ICTを活用した雑草・病害虫防除など栽培管理支援技術の実証、ア ICTを利用した帰化アサガオ類対策技術、

高性能農業機械による高冷地における飼料用稲を含めた水稲-小麦-大豆-そば高能率水田輪作体系                    3)ICTを活用した雑草・病害虫防除など栽培管理支援技術の実証、ア ICTを利用した帰化アサガオ類対策技術、

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~27
年度2015
概要目的:情報通信技術(ICT)を利用して帰化アサガオ類の防除適期を設定し、効率的な防除を実証する防除プログラムにもとづき高性能高能率防除機械を用いた体系防除システムを構築する。                   成果:①ドローンを用いた空撮は18a/分の高能率性を実証した。空撮画像から雑草発生面積にもとづくカテゴリーマップを作成した。、②大豆播種22日後にマルバルコウが84個体/㎡残存する現地多発圃場において、生育期茎葉処理型除草剤の体系処理により収穫期には幼生個体が数株にまで減少する防除効果を得た。制振ブームの制振機能により大豆の踏みつけを低減し、高速作業が可能であった。、
研究分担作物部、[信州大学]、
予算区分受託(国立研究開発法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230670
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat