普通作物の土壌肥料に関する素材開発研究                 ア 水稲の施肥法の改善、(ア)有機物施用における良質米生産技術の確立、、

普通作物の土壌肥料に関する素材開発研究                 ア 水稲の施肥法の改善、(ア)有機物施用における良質米生産技術の確立、、

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2015
概要目的:有機物施用では米の品質が低下する場合があるため、慣行栽培並以上の品質を確保する肥培管理方法を検討する。      成果:有機物施用では気象によって収量や米の品質に年時間変動が大きく、安定した品質を得ることは容易ではなかった。品質を重要視するならば、収量目標を低めに置いて施肥設計することが必要であった。また、有機物に含有するリン酸、加里を考慮して減肥することも可能であった。
研究分担環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230726
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat