農薬安全使用に関する素材開発研究 1)農業環境中の農薬リスクに関する研究 、、ア わさび田での農薬使用に関する環境調査、

農薬安全使用に関する素材開発研究 1)農業環境中の農薬リスクに関する研究 、、ア わさび田での農薬使用に関する環境調査、

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2015
概要目的:水わさびに適用のある農薬で、農薬散布時の水中濃度の動向を明らかにし、「水産動植物の被害防止に係る農薬登録保留基準」を超えないことを確認するため、わさび農薬安全使用指針(長野県わさび農薬安全使用連絡協議会)の規定によりモニタリング試験を実施する。成果:ジノテフラン(わさび用緑風SG)およびわさび用ベストガード水溶剤2,000倍液を散布後、湧水中の農薬濃度を調査したところ、ジノテフランの濃度は、4~20μg/L、ニテンピラム濃度は、2~10μg/Lであり、共に「水産動植物の被害防止に係る農薬登録保留基準」を超えない値であった。
研究分担環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230732
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat