モモ穿孔細菌病の多発生産地における効果的な防除技術の開発

 モモ穿孔細菌病の多発生産地における効果的な防除技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27
年度2015
概要目的:モモせん孔細菌病の多発要因調査、慣行防除の効果検証、新規防除資材の検証等を行い、多発生産地の被害軽減法を開発する。、成果:栽培法、立地条件や気象条件の解析により、多発性要因を明らかにした。ストレプトマイシン低感受性菌を高頻度で確認したため薬剤の効果試験をしたところ、一部の薬剤で防除効果のないことを確認した。
研究分担環境部
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230743
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat