「オータムキュート」の早期定着のための幼木管理技術と品種特性を生かした成熟期管理技術の確立

 「オータムキュート」の早期定着のための幼木管理技術と品種特性を生かした成熟期管理技術の確立

県名長野県
研究機関名長野県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~28
年度2015
概要目的:「オータムキュート」ついての早期多収のための整枝剪定法、新梢管理法及び収穫適期を明らかにする。、成果:定植時の切り返し程度を1/3とすると、1/6切り返しやが切り返し無しと比べて、定植3~5年目の収量が多く、果実重も大きかった。果皮色は成熟が進むにつれて紅紫色から青紫色に変化するが、着色の変化が遅い陰光面の果皮色が収穫適期判断の目安に利用できると考えられた。
研究分担栽培部、育種部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230756
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat