ルーメンアシドーシスの発生を防止する乳牛の飼料給与技術モデルの確立

ルーメンアシドーシスの発生を防止する乳牛の飼料給与技術モデルの確立

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2015
概要目的:濃厚飼料の多回給餌、機能性飼料の利用などの第一胃内発酵を調整する飼料給与技術により、生産性へ影響を与えるルーメンアシドーシスの発生を抑制する飼料給与技術モデルを確立する。、成果:塩・重曹混合物を添加しなかった区では、第一胃液pHが5.8以下となるSARAが2回(1時間と4時間)観察されたが、添加した区では1回(1時間)確認されるに留まった。
研究分担酪農肉用牛部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230798
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat