豚に関する素材開発研究、(1)豚の繁殖管理向上技術

豚に関する素材開発研究、(1)豚の繁殖管理向上技術

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2015
概要目的:繁殖母豚の産子数の増加を目的として子数が多い血統の種豚および輸入精液導入による種雌豚の改良を行っていく。飼養管理面においては繁殖母豚の妊娠期に粗飼料およびビタミンを含む飼料給与によって、母豚の栄養および繁殖性改善を図り、産子離乳頭数および離乳時体重増加効果への影響を検討する。、成果:繁殖母豚(試験区6頭、対照区6頭)を用いて粗飼料(アルファルファ・白ワイン粕サイレージ)給与試験をそれぞれ実施した。採食率については、白ワイン粕給与区が95.2%、対照区が92.1%と、昨年同様白ワイン粕を給与した方がやや高かった。また、子豚の発育についても向上する傾向が見られた。アルファルファ給与試験においては、区間による差は認められなかった。
研究分担養豚養鶏部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230827
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat