牧草・飼料作物および畜産環境に関する素材開発研究、2.環境及び安全に配慮した飼料作物栽培技術

牧草・飼料作物および畜産環境に関する素材開発研究、2.環境及び安全に配慮した飼料作物栽培技術

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2015
概要目的:土、草(飼料作物)、家畜の物質循環を適正にコントロールして健康に家畜を飼養するために、飼料作物栽培における家畜ふん堆肥の安全で効果的な施用技術を開発する。、成果:県内産とうもろこしサイレージのミネラル成分、K/(Ca+Mg)当量比および硝酸態窒素濃度は、地域間差があった。調査したサイレージのうち硝酸態窒素濃度は基準値を超える事例はなかったが、K濃度が高く、ミネラル成分がアンバランスなサイレージが散見された。堆肥散布後、サブソイラーによる心土破砕を行うことで、飼料用とうもろこしのK濃度を低減し、K/(Ca+Mg)当量比を抑えることができた。
研究分担飼料環境部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230845
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat