コンテナ苗を活用した低コスト再造林技術の実証研究

コンテナ苗を活用した低コスト再造林技術の実証研究

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター 
課題種別試験研究課題
研究期間完H26-27
年度2015
概要皆伐後の再造林に関連する地拵え・植栽・下刈りの一連の作業のコスト削減技術の開発・実証は大きく立ち後れており、低コスト更新作業システムの開発を行うとともに、地域の林業事情に適した再造林システムを提言する。、
研究分担育林部
予算区分受託(農水省)
業績(1)東信地方におけるカラマツコンテナ苗の活着と初期成長
(2)根羽村におけるコンテナ苗の初期成長に対する枝条マルチング効果の検証
(3)北欧製ハーベスタ・フォワーダシステムによる 皆伐作業の生産性
(4)伐採造林一貫作業による再造林コスト低減の検討
(5)車両系作業システムによる 伐採・造林一貫作業の検討
(6)車両系作業システムによる 皆伐・再造林の生産性評価
(7)長野県におけるコンテナ苗の活着と初期成長
(8)伐採造林一貫作業による再造林コスト低減の検討
(9)一貫作業システムの構築 緩傾斜地の作業システム(長野県)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230864
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat