植物調節剤の実用化試験

植物調節剤の実用化試験

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継S39~
年度2015
概要目的:新たに開発された植物調節剤の岐阜県平坦地における実用性を検討する。、計画:実用規模及び地域の慣行栽培条件下で試験を実施し、薬害の有無、除草効果、散布時期の許容範囲、作物の生育・収量への影響を調査し、平坦地での実用性の有無を判定する。、成果:水稲及び果樹(カキ)を対象に、新規に開発された除草剤(水稲8剤、果樹1剤)、生育調節剤(果樹2剤)の効果と薬害を調査し、実用化を検討するためのデータを作成した。
研究分担作物部・、野菜・果樹部
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230889
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat