トマト葉先枯れ要因の解明と高品質栽培管理のためのバイオマーカーの評価

トマト葉先枯れ要因の解明と高品質栽培管理のためのバイオマーカーの評価

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2015
概要目的:トマト葉先枯れ症の発生に関連するバイオマーカーをオミクス解析の手法を用いて特定し、このマーカーを用いて独立ポット耕栽培における葉先枯れ症対策技術の確立および評価を行う。、計画:①バイオマーカーの選定 ②独立ポット耕栽培における葉先枯れ症対策技術の確立、成果:培養液中のカリウム濃度を変えて栽培試験を行ったところ、カリウム濃度を高めることで10~11月の葉先枯れ症の発生を低減できた。しかし、塩ストレスの増大による思われる果実の肥大不良が認められた。
研究分担野菜・果樹部
予算区分受託(府省連携)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230906
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat