内水面資源生息環境改善手法開発事業 -長良川におけるウナギとアユの分布及び漁獲実態-

内水面資源生息環境改善手法開発事業 -長良川におけるウナギとアユの分布及び漁獲実態-

県名岐阜県
研究機関名岐阜県水産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2015
概要目的 漁獲に寄与しやすい早期遡上アユの保全にウェイトを置いたアユの産卵場保全の在り方について検討するとともに、ウナギの生息に適した環境を明らかにする。、概要 、(1) 早期遡上アユの漁獲及び産卵場における減耗実態を明らかにする。、(2) 仔アユの降下状況について調査し、早期遡上アユとなる個体群の状況について把握する、(3) 小河川の採捕調査によりウナギの生息環境について調査する。、成果 、(1) 長良川の漁獲アユの側線上方横列鱗数を漁場別、漁獲時期別に調査したところ、早期に遡上する鱗数の多いアユは、漁期の序盤から漁獲され、漁期後半にかけて減耗する傾向がみられた。10月に産卵場で捕獲した排卵・排精済みの個体の鱗数の最頻値は17枚となり、早期に遡上する鱗数の多いアユの割合が遡上時から減少していることが明らかとなった。、(2) 日齢査定による遡上アユのふ化日を推定するとともに、長良川の仔魚の流下状況を調査したところ、4月以前に遡上するアユのふ化日の最頻値が10月下旬であるのに対し、仔アユの降下時期のピークは11月下旬から12月上旬にあり、早期遡上アユに繋がる流下仔魚は非常に少ないことが明らかとなった。、(3) 小河川における採捕調査により、ウナギの生息場として河畔林の根やカバー等に特徴があることが明らかとなった。
研究分担資源増殖部
予算区分受託(水産庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230991
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat