放流用種苗育成手法開発

放流用種苗育成手法開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県水産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2015
概要目的 アマゴなど渓流魚の稚魚放流は、漁業協同組合による増殖事業で主要な方法となっている。本課題では、その放流効果の改善策の開発と実用化を目指す。、概要 、(1) アマゴ稚魚の放流季節を検討する。、(2) アマゴ半野生系の事業規模での生産の可能性を検討するため、養殖業者での試験生産を行う。、成果 、(1)平成27年度の暫定結果では、秋放流の生残率が春放流より高いとの解析結果が得られたが、その機序は不明であり検討が必要。、(2) 平成27年度の暫定結果では、半天然魚が最も生残率が高いが、半野生魚は通常系と同等の結果となった。、、、
研究分担下呂支所
予算区分受託(水産庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030230993
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat