低コスト再造林のための育苗・植栽・初期保育技術の開発、

低コスト再造林のための育苗・植栽・初期保育技術の開発、

県名岐阜県
研究機関名岐阜県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2015
概要目的:「低コスト造林に適した育苗技術(低コストコンテナ苗の育苗技術、植栽後の成長が早いコンテナ苗の育苗条件、品種)」、「低コスト植栽技術(現地に応じたコンテナ苗の植栽技術、植栽後の成長が早いコンテナ苗の植栽技術)」及び「低コスト初期保育技術(下刈り手法による初期保育低コスト化、シカ生息密度の推定と下刈り省略による食害軽減手法)」を開発する。、成果:根鉢高さを低く改良したヒノキコンテナ苗は、活着率を低下させずに緩傾斜地での植栽功程を格段に高めることが明らかになった。、 1年生のヒノキ稚苗を移植した2年生コンテナ苗の植栽後成長を早める育苗条件として、1年目に追肥し、2年目に培地へゼオライトを混入することが有効であることが分かった。  、 シカの密度が高い地域では、忌避剤及びもツリーシェルター型資材を使用しても効果が低いことが分かった。また、剥皮を受けたヒノキ幼齢木は、数年で外見の異常が消えるが、内部に異常が残り材質の欠点となると考察した。
研究分担森林資源部・、森林環境部
予算区分県単
業績(1)斜面傾斜が異なる造林地におけるヒノキ・コンテナ苗の植栽功程
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231004
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat