強度間伐地における森林管理手法の開発

強度間伐地における森林管理手法の開発

県名愛知県
研究機関名愛知県森林・林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2015
概要目的:強度間伐による更新木や残存木への影響を明らかにし、強度伐採地における適切な森林管理手法を開発する。、成果:強度間伐数年後も、植被率、被度、開空度の増加効果は継続していることが認められた。また、林内に入ってくる日射量、林内の気温、土壌含水率が増加することが認められた。
研究分担技術開発部・森林機能グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231344
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat