干潟・浅場機能回復実証事業

干潟・浅場機能回復実証事業

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H27
年度2015
概要目的:干潟浅場における機能低下の原因究明と機能回復手法の開発を行い、原因に応じた回復対策をとりまとめる。、成果:県内3地区の毎月の調査、4回の広域調査から、アサリの密度は知多地区では年間を通して低密度であり、西三河地区では稚貝の移植によって秋季に高密度となり、東三河地区では昨年発生した天然稚貝が春季に高密度に出現していたことが分かった。食害生物であるツメタガイは全ての地区で確認された。また、今年度は全県的に天然稚貝の発生は少なかった。今年度は秋季から冬季には大きな台風や爆弾低気圧の接近は無く、アサリが掘り起こされる強い風波の頻度は少なかったため、移植稚貝の生残率は高かった。西浦地区において礫砂の投入による実証試験では、造成前には稚貝の着底はみられなかったが、造成後には砂礫のかさ上げの厚さが厚くなるほど着底稚貝の密度が高かった。
研究分担栽培漁業グループ
予算区分県単
業績(1)干潟・浅場機能回復実証事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231376
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat