有害プランクトン動向調査

有害プランクトン動向調査

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間S44~
年度2015
概要目的:貝類に有害なHeterocapsa circularisquama等の赤潮プランクトンの動向について調査を実施し、被害の未然防止を図る。、成果:8月中旬以降Heterocapsa circularisquamaが三河湾で1~183cells/mL確認。10月下旬から12月の上旬にかけて珪藻類は少なく推移したが、12月の後半以降はRhizosolenia spp.やThalassiosira spp.などの大型珪藻類が多い。ノリ色落ちの原因となるEucampia zodiacus赤潮は11月の気温及び水温が高く、12月に他の主要な珪藻類が少ない年に発生しやすいことが明らかになった。
研究分担漁場保全グループ
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)有害プランクトン動向調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231395
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat