小麦・大豆の多収阻害要因の解明と改善指標の開発に基づく安定生産技術の確立

小麦・大豆の多収阻害要因の解明と改善指標の開発に基づく安定生産技術の確立

県名滋賀県
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~31、
年度2015
概要目的:、小麦および大豆の収量を向上させる上で、優先的に実施すべき対策を示すため、現地調査を通じて多収阻害要因を整理し、主要な要因が把握できる指標の策定につなげる。また、策定された指標に基づいた改善技術の実証を行い、地域の実情に応じた小麦および大豆の安定多収生産技術の確立を目指す。
研究分担栽培研究部、環境研究部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)大豆単収向上に係る減収要因研究について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231552
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat