生稲わらのサイレージ調整技術の確立

生稲わらのサイレージ調整技術の確立

県名滋賀県
研究機関名滋賀県畜産技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~H28
年度2015
概要目的:稲わらの飼料利用向上のため、生稲わらのサイレージ調製過程でのβ-カロテン含量のコントロール技術を確立する。、成果:ほ場におけるラップサイレージで効果の検討を行った結果、酢酸添加により、β-カロテン含量は最も低くなる傾向となった。
研究分担酪農・飼料生産技術担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231560
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat