分離給与方式による乳用牛への玄米の適正給与割合の検討

分離給与方式による乳用牛への玄米の適正給与割合の検討

県名滋賀県
研究機関名滋賀県畜産技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~H28
年度2015
概要目的:県内酪農家に多い分離給与方式で飼料用米および稲WCSを併せた乳用牛への給与法を確立する。、成果:玄米給与試験では、30%代替で乳量が低下傾向であり10%代替では影響が見られなかった。稲WCS給与試験では4kg給与では影響がなく、6kg以上では残飼量が増加した。玄米10%・稲WCS4kgおよび玄米30%・稲WCS6kgの組合せで泌乳中期の搾乳牛に給与したところ、前者では乳生産性等に影響は無かった。後者では乳量および乳タンパク率が低下する傾向があり、無脂固形分率が低下した。
研究分担酪農・飼料生産技術担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231561
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat