外来魚駆除対策研究、2.新たな外来魚の拡散防止および効率的駆除技術開発研究

外来魚駆除対策研究、2.新たな外来魚の拡散防止および効率的駆除技術開発研究

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~30
年度2015
概要[目的]漁業や生態系に大きな悪影響を与えるチャネルキャットフィッシュとコクチバスの生息状況の把握、生態的特性の把握、効率的駆除方法の開発を行う。、[成果]①チャネルキャットフィッシュの南湖、瀬田川における平成27年度の捕獲尾数は前年度より減少した。チャネルキャットフィッシュの秋季の日周行動が明らかになった。瀬田川における捕獲地点の地形を明らかにした。②コクチバスではこれまでに生息が確認されていたダム湖(犬上ダム、野洲川ダム、櫟野砂防ダム)で繁殖していることを確認し、犬上川ではダム下から下流までの広範囲に分布していることが明らかになった。また、同様の調査を行った芹川では確認されなかった。
研究分担漁場保全係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231597
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat