琵琶湖水源林・森林土壌保全対策調査

琵琶湖水源林・森林土壌保全対策調査

県名滋賀県
研究機関名滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27-H28
年度2015
概要滋賀県の森林にはニホンジカが適正密度を超えて生息しており、森林の下層植生がシカの食害を受け、植生の衰退や土壌流亡等の危険性が高まっている。シカ不嗜好性植物を活用した緑化を試み、あわせてシカの嗜好性・不嗜好性植物の利用実態を調査することにより、効果的に下層植生ひいては森林土壌を保全する手法を検討する。
研究分担総合解析部門
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231611
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat